お知らせ

「秋の砥部焼テント市」

11月6日(土)7日(日)の2日間

9:00~17:00(7日は16:00まで)

場所:愛媛県窯業技術センター駐車場

  (砥部焼伝統産業会館の裏手)

36軒の窯元が集結します!

ぜひお越しくださいませ。

 

オンラインショップはこちらよりご利用ください。

 

お知らせ

「秋の砥部焼テント市」

11月6日(土)7日(日)の2日間

9:00~17:00(7日は16:00まで)

場所:愛媛県窯業技術センター駐車場

  (砥部焼伝統産業会館の裏手)

36軒の窯元が集結します!

ぜひお越しくださいませ。

 

オンラインショップはこちらよりご利用ください。

 

その他の販売サイト

私たち夫婦でひとつひとつ心を込めて作っています。
  • 大西  潤  経歴
  • 大西 実和  経歴

一夢工房のこだわり

一つ目のこだわりは「手作り・手描き」であること

夫婦二人で営む小さな工房ですので一度に作ることができる量も限られてはおりますが、手作りのぬくもりや優しさをどうしてもお届けしたくて、細々とではありますが日々心を込めて製作しております。お客様の笑顔あふれる潤いある暮らしのお役に立てることが私たちの願いです。

二つ目のこだわりは「シンプル」であること

砥部の白い土の美しさを最も引き出すことができる白磁の作品は一夢工房の定番とも言えます。白磁の花瓶は花を美しく魅せ、白磁の食器はお料理を美味しく引き立てます。絵付けのデザインを考える際も、器が名脇役に徹するよう常に心がけております。

三つ目のこだわりは「使いやすい」こと

一般的な砥部焼は分厚くて重たいイメージがあるかと思いますが、一夢工房ではあえて軽く仕上げております。特にお茶碗などはご年配の方にも好評です。シンプルなデザインが人気の「線彫シリーズ」は、黒い部分に釉薬がかかっていないためザラつきがあり、滑りにくい効果もあります。フリーカップやビアカップはろくろ目のうねりに指が引っかかり手に馴染んで持ちやすくなっております。

四つ目のこだわりは「お客様のニーズにお応えする」こと

こども食器も多数取り揃えておりますが、中でもお食い初めセットはご出産の御祝に大変喜ばれております。オーダーを頂ければ赤ちゃんのお名前を入れることもできます(料金別途)
カップやお皿、お茶碗、花瓶も、ご希望の色や形、大きさなど可能な限り対応させていただきたいと思っておりますので、おひとつからオーダーを承っております。
こうしたお客様おひとりおひとりに合ったニーズにお応えできるのも、手作りにこだわっている一夢工房ならではのことだと確信しております。

TOPへ